ホルモン剤

アトピー性皮膚炎の治療法の1つ、ホルモン剤について理解をしよう

    

皆さんは「アトピー性皮膚炎」という症状をご存知でしょうか。今では、アトピーで悩んでいて治療をしているという方も多くいらっしゃることでしょう。治療法についてもさまざまありますが、代表的なものといえば「ステロイド」を使ったものかと思います。

このステロイドはホルモン剤の一種なのです。

■アトピー性皮膚炎とは
まずはアトピー性皮膚炎について触れておきましょう。皮膚にアレルギー炎症がおこてしまう状態を言います。具体的な症状としては、かゆみや赤み・感想などのものが代表的です。これら炎症症状を抑える方法の1つとしてホルモン剤、とくに「副腎皮質ホルモン剤」の投与もしくは塗布をすることで改善・緩和を目指します。

この副腎皮質ホルモン剤のことを一般的に「ステロイド」と呼んでいます。

アトピー性皮膚炎の治療法の1つ、ホルモン剤について理解をしよう

■ステロイドの役割について
ステロイドというと「強い薬」というイメージがあることでしょう。ステロイドの元となる副腎皮質ホルモンは、もともと体内に存在しているものなのです。適切な使用をしていただくことで副作用を抑えることも可能ですし、その効果も十分に発揮されることでしょう。

参照>>ホルモン剤の個人輸入代行、販売・通販『TOP』 http://www.ntp-k.org/medicine/hormone/

正しく理解し取り入れていくことによって、ステロイドのもつメリットを活かしストレス無く使用していただけることでしょう。

■ステロイドの使い方について
ステロイドには「ストロング」「マイルド」「ベリーストロング」など強さがさまざま定められています。その時々の状態に合わせて強さを選ぶという事が大切になってきます。適切な強さと適切な量を使用していくことが大切なのです。

■すぐに使用を中止しない
特に軟膏タイプが多いステロイド剤ですが、比較的に即効性が高いということから見た目がきれいになったら使用を中止するという方もいらっしゃるでしょう。副作用が出ないうちに対処をしたという声も実際にあるのです。しかし、こうしたアプローチはよいものとはいえないのです。

理由については、まだ皮膚の中に炎症症状が残っていることが考えられるからです。途中で使用を中止することで、再び炎症が出てしまう俗に言う「リバウンド」が起こってしまうこともあるのです。

■早めに対処をするのがポイント
安心にステロイドを使用しそしてアトピー症状を改善したいという場合には、気がついたら早い段階で医療機関などを受診していただくことがポイントといえるでしょう。初期状態であるほどに、その後の悪化を防ぐことも可能ですし、予防的側面としても有効的なのです。

さらには、早めの対処が早い治癒にもつながってくれるのです。市販薬などでもステロイド剤はありますので、個人的に購入することは可能なのですが、アトピー性皮膚炎の可能性がるあと言う場合にはできれば医師の診断を仰ぎ認識をもった上で治療に取り組むようにしていただくことをおすすめします。

■あわせて因子を除去すること
ステロイドで炎症が治まっても一時的なこともあります。ステロイドの効果を十分に活かすためにも「悪化因子」を除去することもプラスしていただくとよいでしょう。たとえば、ストレスやダニ・ホコリなどという環境因子を取り除くことや食事や不規則な生活の改善などが具体的なものといえるでしょう。

また、しっかりと保湿をすることなども心がけていただければと思います。

■正しく治療を進めよう
環境的な部分も含め、アトピー性皮膚炎の治療としてはステロイドというホルモン剤を取り入れながら適切に進めていくことで症状は改善してくれることでしょう。