ホルモン剤

内服薬からアトピー性皮膚炎を治療することについて考える

    

アトピー性皮膚炎で悩んでいるという方もいらっしゃることでしょう。
民間療法などを含めると多くの治療法・対処法があるものですが、方法の1つとして「内服薬」を使ったものもあるのです。
皮膚炎というイメージから外用薬を使うというものがあるかもしれませんが、内服薬を取り入れていくことにどのようなメリットがあるのでしょうか。
副作用などもあわせて考えていきましょう。

■ホルモン剤の内服薬

アトピー性皮膚炎の治療に使用される内服薬は「ステロイド」と呼ばれるものになります。
症状が重たいものである場合、内服薬を取り入れることによって改善の可能性が高くなるというメリットがあるのです。
ということは、内服薬のホルモン剤治療は「炎症を抑えてその作用が強い」ということがいえるのです。
こうした効果が期待できるのですから、副作用もその分強くなる可能性も考えられます。
ですので、医師と相談をした上で使用することが必須ともいえるでしょう。

■副作用について

代表的な副作用として感考えられるのが以下のものになります。
・肥満
・易感染性(感染症になりやすい状態)
・緑内障・白内障
・骨粗しょう症
・小児の場合低身長
などです。
しかしながら、必ずしもこれら副作用が現れるというわけではなく、あくまで「長期間の服用」をした場合ということになりますので、医師の指示に基づき、用法・用量を守っていただくことで防ぐことは可能でしょう。

■内服薬での治療法

一般的に取り入れられている治療法ではありますが、先に触れたように「重症である」と診断された場合に行うものともいえるのです。
もし、内服薬での治療が求められた場合、しっかりと説明を受け、納得をしたうえで実践していくよう心がけましょう。