ホルモン剤

外用薬からのアトピー性皮膚炎を治療することについて

    

アトピー性皮膚炎の治療法として代表的なものが「外用薬」を使ったものといえるでしょう。
医療機関で処方されるお薬の中でも特に外用薬が多いという傾向もあるのです。
今回は、そんな外用薬について触れていきましょう。

■ステロイド製剤

アトピー性皮膚炎は、その病名にもあるように皮膚の炎症状態のことをいいます。
ですから、それらを抑える外用薬を取り入れた治療を進めていくことになるでしょう。
そして薬剤に関してですが、ホルモン剤の一種である「ステロイド」を用いるのが多いことと思います。
ステロイドは、副腎皮質ホルモンであり、体内に存在しているものです。

■その効果とは

ホルモン剤の一種であるステロイドの効果について触れておきましょう。
代表的な効果としては「炎症を抑える作用」と「ストレスに対抗する作用」が考えられます。
アトピー性皮膚炎の場合ですと、前者である炎症を抑えるという目的でステロイドを使用するのです。

■さまざまなステロイドがある

ステロイドといっても薬品は一種類だけではありません。
さまざまな種類や強さがありますので、その症状や重傷度に応じて選んでいくことになります。
市販薬としても販売されているものの、やはり症状にあわせた薬選び・治療の進め方というものを考えたときには医療機関を受診していただくのがよいでしょう。

■副作用について

考えられる副作用については以下の通りです。
・皮膚萎縮
・皮膚の赤み
・多毛
・にきび、毛嚢炎
などです。

■認知度の高い治療法

今回はアトピー性皮膚炎と外用薬の治療について見ていきました。
認知度も高い治療法となっていますので、受け入れやすい治療法ともまた言うことができるでしょう。
正しく使用することによって、副作用というデメリットも抑えていただけます。